犬の病気の感染症をワクチン接種で予防

犬の病気の狂犬病などの感染症に注意!

犬の病気で名前がすぐに浮かぶのは狂犬病、ジステンパー、フィラリアなどではないでしょうか。実はこれらの犬の病気はワクチンの接種や毎年決まった時期の投薬で予防することができる病気です。


犬の病気の狂犬病は、人にも感染し、発病すると100%死亡する非常に怖い病気で、毎年全世界で5万人以上の人が狂犬病で亡くなっています。日本では1952年以降発生はありませんでしたが、2006年に2件発生したことは記憶にあたらいしいところです。


犬の病気には死亡率の高いものが多くあります。先にも書いた犬の病気でよく知られている狂犬病は発症すると100%死亡する怖い病気で、人にも感染することから、この病気にかかった犬は隔離され安楽死を施されます。


犬の病気としては、この他ジステンパーや犬伝染性肝炎、犬パルボウィルスなども死亡率の高い病気として知られていますが、これらはすべて感染症と呼ばれている犬の病気で、ワクチンを接種することにより、予防することができます。

犬の病気の感染症予防にワクチン接種を!

犬の病気にはワクチンの接種や定期的な投薬により発症を予防することができるものがいくつかあります。ワクチンの接種で予防できる犬の病気は感染症で、代表的なものとしては先に書いた、狂犬病、ジステンパー、犬伝染性肝炎、犬パルボウィルスなどです。


また、蚊の媒介により寄生虫が血液中に入り込み、死亡率も高いフィラリアは、蚊の発生時期までに数ヶ月に渡って薬を投与することで予防できます。


犬の病気の感染症予防のためのワクチンの接種については、母犬の初乳から受け継いだ免疫抗体の効果がなくなる生後2ヶ月頃に1回、生後3ヶ月〜4ヶ月に1回〜2回受けます。最近ではいくつかの感染症に対応できる混合ワクチンが主流で、3種混合、5種混合、7種混合などがあります。


ワクチンの接種に関してはまれに副作用が出ることもありますので、犬の様子(目や耳、血尿、血便、嘔吐、ヘルニア、震え、出血など)を見て、少し体力が落ちているとか、食欲がないなどの場合、ワクチン接種の時期をずらす必要があります。

犬の病気の生活習慣病に注意!

犬の病気として、狂犬病 犬伝染性肝炎 犬パルボウィルスなどの感染症やフィラリア以外にも、犬の病気はたくさんあります。最近の犬の病気の傾向として、ガンや糖尿病、椎間板ヘルニアなど、人間とよく似た病気に苦しむ犬が増えています。


いわゆる犬の生活習慣病ですが、人間と同じ環境で暮らす中、糖尿病など人間と同じ病名が犬の病気として増えてきています。このような生活習慣病の犬の病気は肥満が引き金となる場合が多く、飼い主が食べすぎないようにコントロールする、間食を与えない、運動を十分させるなど、犬の管理をきっちり行えば、肥満は解消できて、病気の予防にもなるわけです。


犬は具合が悪かったり、痛みがあったりしても、飼い主に訴えかけてくるわけではありません。飼い主が責任を持って犬の病気や怪我を見つけてあげる必要があります。


健康な時にチェックしていると、普段と違う行動やしぐさに気がつくことがありますが、少しでも気になれば、すぐにかかりつけの獣医師に相談して、適切な手当てをしてあげることが必要です。人間同様、早期発見、早期治療が犬を病気から守る最善の方法です。